5on5のポイント OFその2

システムの基本を理解しましょう


オフェンス(以下OF)時にまず考えなくてはいけないのが、バランスです。
バスケットはサッカーやラグビーと違い人数のわりには比較的狭いコートで行います。

だからと言うわけではありませんが、ボールの有るところに人が密集しやすいスポーツです。
密集しているエリアとしていないエリアでは、ドリブルにしてもパスにしてもシュートにしても自分が思い描いたプレーがしやすいのは後者の方ですよね。
そこで、OFで重要視されるのがバランスなんです。

ゴール付近やトップ位置に固まりすぎず、片側のサイドに固まりすぎていない、コートにまんべんなくOFが振り分けられていることが、バランスが良いと言われる状況です。
良いバランスをつくるためには、その場から動かない事も時には必要な場合もあります。

では、コートの右側にOFが固まっている状況を思い描いてみて下さい。
左側に広いスペースが空いてませんか?
これがエンプティーエリアというものです。
意味は直訳のままで、空(から)の地域、つまり誰もいないスペースと言うことです。

このエンプティーエリアに誰かが走り込むことでコート全体のバランスが良くなり、また、この時にシュートチャンスが生まれるんです。
フリーOFでは、誰かが、エンプティーエリアに走り込む事で新たなエンプティーエリアを作り、更に誰かがそこに走り込むのを続けることで、結果的に動きを止めることなく攻めることが出来ます。

OFシステムとはこういう状況を意図的に作り出すものなんです。

エンプティーエリアを利用する物で代表的なのが『アイソレーション』というシステムです。
訳すと「隔離する」という意味です。

これは、主に相手がマンツーマンディフェンスで1on1に強い選手がいる場合や、ミスマッチを利用する場面に使います。
わざとバランスを崩し、片側のサイドライン際に4人のOFがディフェンス(以下DF)を引き連れて固まり、逆サイドにボールマンを1人だけ残し(隔離)、1on1をしやすい様にスペースを広く空けるシステムです。

この1on1でOFがDFを抜ければノーマークが出来ますし、そこに他のDFがヘルプに入ってくれば、そのDFのマークマンがフリーになり、またそこにヘルプが入れば、また1人OFがフリーになっていく・・・・。
こういうアリ地獄的なシステムです。
まぁ、実際は、1on1で抜けなくてもそのまま勝負することが多いです。
ちなみに、こういう風に、次々と空いた所にDFがはいっていくことをローテーションと言います。

ここまでは何となく分かってもらえましたかね?
逆から考えて下さいね。

分かり難いのは、何故、OFが固まるとエンプティーエリアができるかということですかね?
自分がDFの立場で考えたら分かりますよね?
自分のマークマンをそれほど遠い距離に離せないですもんね。

このDFの泣き所を意図的に利用する事によって、いろんなシステムが広がっていきます。
あなたもオリジナルのシステムを考案してみてはどうですか?^^





コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証




  • 最終更新:2011-09-06 13:03:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード