限界を感じたら

もう少し頑張れば、まだ限界じゃなかったことに気付くはず


これもバスケットに限ったことではありません。
もう経験したことがある人もいるかもしれませんね。

体力や筋肉が悲鳴を上げてきた時、自分の限界やと思いますよね?

そこで、諦めて休む人と、そのまま頑張り続けられる人がいます。

当然、経験したことがある人は、後者。

自分が最初に感じる限界って、実は、まだ余力があることが多いんです。
そこで、すぐ諦める人は、その壁を超えることが出来ず、成長速度がかなり落ちるように思います。

ま、無理しすぎると怪我に繋がることもあるので、慎重な判断は必要かもしれませんけど、今まで私が見てきた初心者は、限界を自分で手前に引きすぎることが多いとように思います。

一度、自分が感じた限界の向こうの世界を見に行く勇気をもってみるのも良いんじゃないですか?^^




コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証




  • 最終更新:2012-02-04 14:40:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード